toppage

NEWS

LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN の活動に関するお知らせ
2017/04/28 update

「LUI FRONTiC 赤羽JAPANの活動に関するお知らせ」

 

いつもLUI FRONTiC 赤羽JAPANをご支援頂き誠に有難うございます。

この度LUI FRONTiC 赤羽JAPANはバンドとしての活動を終了する事になりました。

今まで応援してくださっていた皆様には突然の発表となってしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

2013年LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANとして活動をスタートさせてから3年半、

ここまで歩んでくることが出来ましたのも、これまで支えてくださいましたファンの皆様、

関係者の皆様の応援あってのことと心より感謝しております。

 

活動休止中制作していた楽曲をみなさまにお届けすることが出来ず終わってしまい申し訳ない限りではありますが、

メンバー全員、今後それぞれの目標に向かって精進して参りますので、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ジャストプロ/agehasprings/つばさプラス

スタッフ一同

 

 

□プー・ルイコメント

みなさま、お久しぶりです!

LUI FRONTiC 赤羽JAPANのプー・ルイです。

 

この度LUI FRONTiC 赤羽JAPANは解散することになりました。

本当はこんなに大事なこと、自分の口から直接みんなに伝えたかったのですが、文のみでの発表になってしまいごめんなさい。

最後にもう一回みんなに会いたかったなぁ。

 

ルイフロとして活動していた期間、本音を言うと楽しいことばかりではありませんでした。

どうにも出来ないことに悩んでもがいて、何度もステージ自体からいなくなってしまおうと思ったけど、それでもなんとかしがみついていられたのは、他でもない応援してくれるみんなと、メンバーがいたからでした。

本当に本当にありがとう。

みんながいたからルイフロを振り返って楽しかった思い出だっていえるよ☺︎

 

言いたいことはたくさんあります。

でも言いません!(笑)

だって、私は歌い続けるので!

これからの姿で納得させるしかないし、

夢だった武道館に絶対行くし、そのさきの景色だって絶対に見に行ってやる。

その夢の途中でまたみんなと笑って会えたらいいなって思います。

 

ごめんね、でも、ありがとう!!

本当に本当にありがとうございました。

 

最後、一本締めで終わりましょう!

よーーーお!ぱんっ!!

 

Vo. プー・ルイ

 

 

□テンペスト竹内コメント

こういう形で皆さんにお伝えする事になってしまって本当にごめんなさい。

僕らメンバーとスタッフで色々話し合った結果、LUI FRONTiC 赤羽JAPANは解散する事になりました。

理由は様々ですが、プールイがBiSを始めた事で僕と小原と建が別の道を考え始めたのが大きな理由です。

言葉でいくら言っても伝わらないかもしれませんが、みんなに支えてもらって本当に嬉しかったし本当に励みになりました。

各々これから先も音楽をやり続けると思います。

またどこかで皆さんにお会いできる様に頑張り続けていきます。

今まで本当に本当にありがとうございました。

 

Gt. テンペスト竹内

 

□小原just begunコメント

残念ながら、ルイフロは解散する事になりました。

活動再開を待ってくれていたファンのみなさんには

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

このバンドで出会った人、経験した事は

自分にとってとても貴重で

かけがえのないものです。

今までルイフロを応援してくれて

本当にありがとうございました。

 

今後は自分含めメンバー全員

音楽業界でそれぞれ活動を続けていくので、

温かく見守って頂ければ幸いです。

 

Ba. 小原just begun

 

 

□エンジェルス建コメント

突然の発表になってしまい申し訳ないです。

僕自身、バンドに加入して約半年ぐらいの活動にしか参加できていませんがとても幸せな時間でした。

僕より前にドラムをやってくれてたタクヤさん、イトゥーさん達は本当に素晴らしいミュージシャンで自分が音楽にまだまだ未熟だったので、メンバーには本当に迷惑をかけました。

もちろんライブに来てくれたお客さんも僕の拙い演奏を見て思ったと思います。

それでもライブへ足を運んでくれたり、メンバーからはたくさんの貴重な言葉をもらって短い間でしたが本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

お客さんから頂いた言葉も胸に刻んで精進していきます。

とはいえまた一緒に音が出せたらいいなとはいつも思っているので、いつか来るかもしれない日に向かって僕は僕の道を歩んでいこうと思います。

最後に、、、僕はメンバーのことが大好きです。

 

たくさんのこと、本当にありがとうございました。

 

Dr. エンジェルス建